outline

ヘッダタイトル画像

コンプライアンス

経営理念

名古屋市信用保証協会は、中小企業者の良きパートナーとして金融の円滑化を図り、地域経済や社会の発展に貢献するとともに、日々の業務を遂行するにあたり、関係法令及び諸規程を遵守し、役職員協調のもと互いに研鑚に励み、真に信頼される協会の運営を目指します。

 この経営理念は、地域における公的な保証機関として広く経済・社会に貢献していくという重大な責任を負っている、名古屋市信用保証協会の日々の業務運営を進める上での根幹をなすものであります。こうした社会的責任や公共的使命を全うするために、健全かつ適切な運営と、その中での揺るぎない信頼の確立が不可欠であり、その確立を目指し不断の努力を払う決意を示すべく、経営理念を定めるものです。
 そのために、名古屋市信用保証協会はその使命である社会性・公共性を念頭に置いた「名古屋市信用保証協会倫理憲章」を制定し、その中で経営理念である「金融の円滑化を図り、地域経済や社会の発展に貢献すること」を実現するための倫理観、価値観を倫理憲章として明らかにします。当憲章の制定を機に、健全な自浄能力の発揮を通じて信頼の維持・向上に資するべく対処してまいります。
 名古屋市信用保証協会全役職員は、「名古屋市信用保証協会倫理憲章」及びコンプライアンス・マニュアルの趣旨をよく理解し、その精神を遵守してコンプライアンス態勢を維持し、日常の業務に専念してまいります。

名古屋市信用保証協会倫理憲章

 名古屋市信用保証協会は、国および地方公共団体等関係機関の支援のもとに、中小企業のための不可欠な機関として中小企業施策の重要な一翼を担っているところです。
 すなわち、名古屋市信用保証協会は、「信用保証」を通じて金融の円滑化に努めることにより、中小企業と金融機関とを結び付ける「かけ橋」としての役割を果たし、中小企業の中に埋もれている信用力を発掘し、中小企業の経営基盤の安定・強化に寄与し、もって、我が国中小企業の振興と地域経済の活力ある発展に貢献しようとするものです。
 激しく変動してゆく我が国の経済・社会のなかで信用保証協会の果たすべき役割と責任は、今後ともますます大きくなるものと確信します。
 このために、名古屋市信用保証協会は高い自己規律に基づき、社会からの揺るぎない信頼の確立に向けて、更なる努力を払うことを誓い、ここに倫理憲章を定めるものです。

(信用保証協会の公共性と社会的責任)
1.信用保証協会の公共性と社会的責任の重みを常に認識し、健全な業務運営を通じて信頼の確立を図る。

(質の高い信用保証サービス)
2.経営の効率化に努め、創意と工夫を活かした質の高い信用保証サービスの提供を通じて、地域経済の発展に貢献する。

(法令やルールの厳格な遵守)
3.あらゆる法令やルールを厳格に遵守し、社会的規範にもとることのない誠実かつ公正な事業活動を遂行する。

(反社会的勢力との対決)
4.市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力とは、断固として対決する。

(地域社会に対する貢献)
5.広く住民とのコミュニケーションを図りながら地域社会への貢献に努める。

コンプライアンス組織体制図